テキサスホールデム


テキサスホールデムは、カードのプレイと賭けに同じだけ焦点を当てた、論理的かつ単純なコミュニティカード ポーカーゲームです。テキサスホールデムは単純なゲームとはいえ、ハイレベルのプレイになれば、ゲームは非常に複雑化し、「一瞬でこのゲームの遊び方を理解することはできても、マスターするには一生かかる」といわれています。

テキサスホールデムは、52枚の標準カードで遊びます。フロップは常にアンティ・ベットの2倍で、ターンとリバーはアンティ・ベットに等しくなります。

TxsholdemDisplayJa2

TxsholdemDisplayJa1

画面のアンティ・フィールドに1つ以上のチップを置き、テキサスホールデムで最初のベットを選びます。Deal(ディール)ボタンをクリックすると、2枚のカードがプレーヤーとバンクに配られます。Fold(フォールド)し、アンティ・ベットを失うか、またはCall(コール)をクリックするか、どちらかを選択します。この場合、自動フロップ・ベットとして、画面の中間に3枚のカードが表向きで配られます。フロップにより、ハンドを決めることができ、ディーラーもこれらのカードをハンドに使います。

次にTurn(ターン)となり、再度ベットするか、またはベットなしCheck(チェック)でプレイするか、どちらかを選択します。オプションの選択後、4枚目のカードがフロップに加わります。

最終のRiver(リバー)となり、再度ベットするか、あるいはベットなしCheck(チェック)で続けるか、どちらか選択します。獲得可能な賞金額は、ベット回数に比例して高くなります。最終の5枚目のカードがフロップに加わり、勝敗が決まります。ハンドの強いほうが勝ちです。ゲームを次のラウンドで続ける際、ベット金額を変える場合は金額を調整します。