オンラインカジノゲームって公平なの?


「オンラインカジノに詐欺の危険はないの?」-賭け事において詐欺の危険に対する心配はつきもの。オンラインカジノゲームにおいても、その公平性に疑いの目を向ける人は決して少なくありません。「詐欺が怖いから賭け事は絶対しない」という人もいることでしょう。逆に、思い込みや先入観でなく、適切な知識を持って、多種多様なカジノゲームを思う存分に楽しむ大人のプレーヤーは世界中に存在します。

オンラインカジノのゲームを選ぶ第一の基準となるのが、信頼性・安全性。定期的に第三者機関による監査を受け、ゲームの公平性と信頼性における国際的基準を順守した企業の提供するゲームおよびカジノ・ブランドを選ぶことは重要です。オンラインカジノ業界において、国際的に広く認知された第三者機関としては、eCOGRAとTSTが有名で広く認知されています。eCOGRAやTSTの認定表示は世界じゅうで信頼性・安全性の目安となっています。

乱数生成器(RNG)

乱数生成器(RNG)とは、カジノゲームのランダム性および公平性を確実にするプログラムです。カジノの勝ち負けを定めるプログラムであるため、オンラインカジノゲーム企業は、第三者によって乱数生成器(RNG)のテストを定期的に受ける必要があります。eCOGRAやTSTの認定表示は、定期的に乱数生成器(RNG)のテストを受けているオンラインカジノゲーム企業の信頼性・公正性を示す業界基準となっています。

第三者機関による監督・監視

eCOGRA

wcogra

eCOGRA(eCommerce Online Gaming Regulation and Assurance)は、国際的に認められた、独立テスト機関およびプレーヤー保護基準組織として2003年に設立されました。英国に本拠を置き、オンラインゲーム業界の独立基準機関として、ゲームの公平性、プレーヤーの保護および責任ある運営会社の行動を監督しています。eCOGRAの認定表示は、業界における信頼性および透明性を示しています。

TST

tst

TST (Technical Systems Testing )は、国際的に認められた、テスト施設として1993年に設立されました。同社は、オンラインカジノゲーム業界に対し、乱数生成器(RNG)のテストおよびペイアウト率の監査を行っています。TST認定は、業界での品質保証および信頼性を示しています。